建物の雨漏れ・外壁劣化を赤外線サーモグラフィで見える化を!

0776-89-1796(代表)

営業時間 : 9:00〜19:00

MENU
赤外線建物診断の流れ
赤外線建物診断業務の流れ

初めての方へ

雨漏れ診断ポイント

診断ポイント解説


 
外壁赤外線診断の仕組み及び比較  

赤外線の特性と特徴

図の解説

1
壁面に外気からの熱が与えられますが、「健全部」では、熱が壁面内部スムーズに流れていきます。 一方、「浮き部」 では、空気の層に熱が遮断され、壁面に 「熱がたまる」 形になります。 よって、壁面が外気より温められているときに、「浮き部」 が相対的に高温部として表示されます。
 
2
やがてコンクリートは 「熱が一杯な状態」 になり、このとき外壁コンクリート中の熱は均一になろうとします。 この状態になると 「浮き部」 前面に溜まった熱も均一になるように移動し、高温部として検出されます。

 
3
外気温が冷えてくると外壁コンクリートに蓄えられた熱が放出します。 このときに、「浮き部」 では、裏側の空気層でコンクリートから外に向かう熱が遮断され、「浮き部」 前面の壁面は相対的に低温部として表示されます。

 

診断方法の比較

調査費用
赤 外 線 建 物 診 断 価 格
診断種類 建 物 の 規 模 料    金 +撮影・目視・散水   報告書  
雨漏り診断 戸建て住宅 20,00~
50,000
150,000 別途
3階建迄のアパート・マンション 30,00~
150,000 
100,000 別途
3〜5階建迄のマンション 50,000
~200,000

 
100,000 別途
外壁の劣 3階建迄のアパート・マンション @800/ 別途
3〜5階建迄のマンション @800/ 別途
5階建以上 @800/ 別途
定期報告 別途見積もり --
特定建築物 別途見積もり