建物の雨漏れ・外壁劣化を赤外線サーモグラフィで見える化を!

0776-89-1796(代表)

営業時間 : 9:00〜19:00

MENU

ごあいさつ

外壁診断をした後の建物

海外においての建物の価値基準は欧羅巴特にドイツでは新築の建物よりも古い建物が価値があるとみなされており、古いものを長く大事に使っていく程に価値が高くなるというストック文化が確立されています。一方の日本では建築物を築30年程度で新たに建て替える、スクラップ&ビルドを繰り返し、建て替える必要のない建物すらもリセットするという新築信仰がまだ根強くよくあります。しかし近年の、不況の時代を迎えている日本社会では、良い物を長く使っていくという考え方が資金面、環境面から見ても一般的になっています。例えば、長寿命化を謳った建物の増加や古い建物・町屋のリノベーションの増加、改正宅建業法におけるインスペクションの義務化など、そうした世の中の流れからもストック重視の機運が持て取れます。高度経済成長期から長らく続いたスクラップ&ビルドから、ようやくストック重視の社会へと向かっていく中で大事なのは、既存の建築物をいかに長く大事に使っていくか?その為には建物の適切な補修・改修は必須となり、そこには建物の状態を正確に把握する建物検査、診断は必要不可欠なものです。

赤外線建物診断の流れ
赤外線建物診断の流れ

お知らせ

 

Information

  • 1

    使用機材

     FLIR E6xt WI-FI 240×180

  • バス広告

    バス広告

    R1年9月より